TERUの気ままにラーメン食べ歩き

ラーメンの食べ歩きの記録になります

仁仙 「中華そば」

先日、「仁仙」さんに行ってきました~

f:id:teru-ramen:20201026215241j:plain
こちらは蒲郡駅の地下街にあります。

かなりお久しぶりの訪問でした。

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215247j:plain
JR蒲郡駅のロータリーの駐車場に入れて、

地下に向かいます。

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215255j:plain
横断歩道を渡って、こちらが地下への入り口です。

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215301j:plain
階段を下りれば・・・

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215308j:plain
左手に。

 

中途半端な時間に訪問しましたが、

通し営業なのがありがたいです。

 

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215315j:plain
入口で一枚。

こういうガラスケースも見なくなりましたね~

 

さて、入店です。

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215323j:plain
メニューはこんな感じです。

写真が光っちゃってますが・・・

 

やはり、「中華そば」をいただく事にしました。

そして、ちょっと珍しいので「レバ丼」もお願いしました~

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215331j:plain
先に「レバ丼」が到着です。

 

見た通りレバーがたっぷりのった、「中華飯」という感じですね。

 

中華そばの到着を待たずして、温かいうちにいただきます!

 

 

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215337j:plain
最初、レバーの臭みは気になりましたが、

濃い目の味付けで、あまり気にならなくなりました。

 

餡が少し多めだったかもしれませんね~

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215344j:plain
ペロッと「レバ丼」の終了間際に「中華そば」が到着です。

 

一緒に、という方もいると思いますが、個人的には2つとも熱々にいただけて、

ベストだったりします(笑)

 

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215350j:plain
スープはあっさり清湯でした。

醤油は淡いですが、塩味はしっかり目という感じです。

 

中華屋さんの清湯というイメージで、いかにも中華そばといったところですね~

 

個人的には、醤油の香りが、もうちょと欲しいところですが、

これもなしではないと思います。

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215356j:plain
麺は細麺のストレートです。

 

かなり細目でしたので、食感はゆるく感じますが、のびてる感じではないです。

 

逆にスープとのバランスは悪くないんじゃないかと思います。

 

これでこの値段はありがたいですね~

 

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215401j:plain
完食です。

 

久しぶりに懐かしい感じの一杯がいただけて、良かったです。

餃子もいただけばよかった・・・(笑)

 

ごちそうさまです!

 

 

 

 

f:id:teru-ramen:20201026215408j:plain
さて、地上へ~

 

 

店名    仁仙   
TEL   0533-69-9848    
住所    蒲郡市元町7-1

営業時間 11:30~20:30

定休日  木曜日