TERUの気ままにラーメン食べ歩き

ラーメンの食べ歩きの記録になります

究極の北京飯・らーめん 半熟堂 「ラーメン」&「究極の北京飯」

先日、オープンに合わせて「半熟堂」さんに行ってきました。

夜の営業時間に伺いました。

刈谷駅のすぐ近くで、コインパーキングも周りに多いので、助かります。

 

岡崎の「一輝」さんと、安城の「北京飯店」さんの兄弟でのコラボ店のようです。

グランドオープン当日でしたので、もちろん外待ちに。

 

 

 

 

 

 

しばらく待って、カウンターに案内されました。

メニューはこんな感じです。

3種類の麺と、御飯ものという構成ですね。

 

今回は「ラーメン」「究極の北京飯」をいただく事にしました~

 

 

 

 

 

 

 

 

最初に「北京飯」が到着しました。

わかりやすく言うと、味付けの半熟卵をのせた御飯に、唐揚げがトッピングされている感じですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったよりあっさりしていて、このみな感じでした。

「つゆだく」は苦手なので、こういう風なら食べやすいですね~

濃い目の味付けでしたが、しょっぱく感じませんでしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

続いて「ラーメン」の到着です。

魚介の香りがいいですね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スープは魚介のドンとくる少し甘みのある物です。

ゆずが結構効いていて、さっぱり感もあります。

一輝さんとは違った感じで、楽しめました~

 

 

 

 

 

 

 

麺は細麺ストレートの、パツンとした歯ごたえの物。

丸い麺でしたよ~

 

スープの持ち上げが適度になって、食べやすいですね。

角麺のほうが好みなんですが、これはこれでありですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも、濃い目の味付けでしたが、一瞬で完食です。

 

美味しくいただきました!

 

 

オープンおめでとうございます!

 

 

 

店名    究極の北京飯・らーめん 半熟堂
TEL 0566-91-0638
住所   刈谷市桜町1-46

営業時間 月~木 11:30~14:00、18:00~23:30
       金~土 17:00~24:00

定休日    日曜日